×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モンブラン万年筆・ボールペンの歴史

モンブラン万年筆・ボールペンと言えば、ドイツの高級万年筆・ボールペンとしてあまりにも有名ですが、現在では高級時計、高級アクセサリーなどの高級嗜好品ブランドになっています。モンブラン万年筆・ボールペンの起源は、1906年、ハンブルグの文房具店の主人と銀行家、ベルリンのエンジニアの3人によって万年筆・ボールペンの製造が開始されたことから始まります。創業当初のモンブラン万年筆・ボールペンの社名は「シンプロ・フィラーペン・カンパニー」。おなじみの白いマークはモンブラン山が雪を頂いた姿を空から見た姿です。モンブラン万年筆・ボールペンのネーム「モンブラン」は、ご存知のとおり「白い山」と言う意味ですが、1934年にそれまでモンブラン万年筆・ボールペンのロゴマークであった、モンブランを社名として使い始め、モンブラン・シンプロとしています。その後1980年代、ダンヒルに買収され、現在モンブラン万年筆・ボールペンはスイスの高級品コングロマリット、リシュモングループの傘下にあります。因みにモンブラン万年筆・ボールペンのペン先には"4810"の数字が刻まれていますが、これはモンブラン山の標高を示していることは有名ですね。手にすることはステータスであり、喜びであるペン、それがモンブラン万年筆・ボールペンです。

モンブラン万年筆・ボールペンマイスターシュテュック145

モンブラン万年筆・ボールペンと言えば、だれもが真っ先に頭に浮かべるのがマイスターシュテュックでしょう。今や、世界で最も有名な万年筆・ボールペンといえましょう。マイスターシュテックの、最初のシリーズがモンブラン万年筆・ボールペンによって発表されたのが1924年のことですから、まさに時空を超えた傑作です。書き味はもちろん、デザイン、優れた素材がすばらしい調和を魅せる、まさにモンブラン万年筆・ボールペンの頂点にたつのがマイスターシュテュックです。このマイスターシュテュックの一つが145ですが、そのサイズは、長さ:149mm、軸径:12mm、重さ:25gで、ペン先は14金プラチナ装飾、ボディ素材は樹脂、インク方式はコンバーター・カートリッジ両用式と、おなじみモンブラン万年筆・ボールペンの伝統的仕様になっています。因みに、マイスターシュテュックとはドイツ語で傑作の意味であることはご存知のとおりです。

モンブラン万年筆・ボールペンマイスターシュテュック146

モンブラン万年筆・ボールペンの代表と言えば、マイスターシュテュックですが、その中でも良く知られているのが146です。 80年を超える長い期間を生き抜いてきた傑作が醸し出す風格は、まさにモンブラン万年筆・ボールペンの魅力そのものでしょう。ボディは、プレシャスレジンと言われる硬化樹脂使用の漆黒ボディで、上品にポジショニングされたゴールド装飾とのバランスは絶妙です。そのトータルバランスこそ、モンブラン万年筆・ボールペンの真髄です。の良さということだと思う。ドイツメーカーは、樹脂の使い方が上手く、マイスターシュティックの樹脂ボディは質感が素晴らしく、高級感があるのはもとより、手に極めてよくなじむのがモンブラン万年筆・ボールペンの特徴といえましょう。高級万年筆・ボールペンにどのようなペン先を使うかは、まさにメーカーにとって究極の選択です。そして、モンブラン万年筆・ボールペンが行ったこの究極の選択は実用性プラス美しさを両立させた14金のペン先です。14金ペン先で18金ペン先を凌ぐ美しさを出すのが、モンブラン万年筆・ボールペンのデザイン力、伝統の底力なのだと思います。「それ以下でもそれ以上でもなく、14金を選ぶ。」それが、マイスターの心意気なのでしょう。筆記具としての実用性も秀逸で、その重量バランス良さは驚異的です。モンブラン万年筆・ボールペンは、そのペン先を走らせると、ペンの重みだけで心地よくかけてしまいます。この圧倒的な書きやすさこそが、80年以上にわたって筆記具の頂点に立ち続けた秘密であると思うわけです。

Copyright © 2007 モンブラン万年筆・ボールペンはサイコー